外国のコンビネイション遊具の登り棒 吊り輪の支柱パイプフレームを製作しました。どこに修理に出してよいかわからない見積を致します

外国のコンビネイション遊具のフレームは

日本の規格とは違いサイズが合いません

通常でしたら納期 高い金額がかかります


目視でサビ 腐食が確認できます


ジョイント部


ジョイント部ボルト穴が腐食し長穴になっています


パイプ内部から錆びの粉が出てきました


フレームパイプの厚みが0.8ミリしかありませんでした

それから内部が腐食し現在0.3ミリ前後です


当社はフレームごと取替日本の規格で製作しました

パイプの厚みは2.3ミリ有ります


ジョイント部を出来るだけ少なくし工場溶接加工

内部に水が進入し難い構造にしています


ジョイント部工場製作

事前に実測図面を書き工場で製作して頂きました

ボルト穴があつてホットしました


施工完了


支柱基礎自然乾燥を待ち不具合がないか

確認後バリケードを撤去します

コメント