投稿

6月, 2011の投稿を表示しています

木製遊具 地際部の腐食 神社 仏閣の木製支柱は土の触れる部分は石なので 腐食を避けるため 地面に直接触れない様に施工してあります 遊具の場合 子供さんの安全上の理由から それが出来ません 。色々な選択方法はあります 品質 価格共 満足いただけると自負しています。 

イメージ

遊具の修理をしてると 金属の削りかすがでます。当社は工事完了後見廻り点検をしています。

イメージ

遊具は、単体部品は有りません。使用が経過すれば劣化します。FRPぞうさん滑り台 登行部(階段)の接合金具腐食  遊具の不具合はプロの診断にお任せ下さい  事故が起こってからでは遅すぎます     (腐食したボルトは素人には 外せません ネジ山を  つぶすとプロでも 時間が かかります)腐食した上から塗装をされるのは素人判断では、やめてください。強度の状況がわからなくなります

イメージ

老朽化した遊具人間に例えると80歳前後 当社のメンテナンスは40代まで再生いたします。

イメージ
横材のパイプが薄くなり曲がっています
ここまで来るといつ倒壊しても おかしくない状況です

遊具メーカーさんでは 新設の話になると思われますが
当社は腐食していない部分から切断し
新し踊り場を製作 部分的に補修をします
(この方法はキャリアがないと出来ません)
金物工事のキャリアと遊具の安全規準の融合です
廃材もすくなくて済みます 何よりも安価です
幼稚園 保育園さんは私達一般の人間が入れない場所です
私が見させていただいた場所で 不具合の有る箇所が沢山ありました
今まで良く 事故が起こらなかったのが不思議なくらいです




溶接後ケレン プライマー 仕上げ塗装3回塗り

塗装屋さんだけではこの修理は出来ません

タイヤブランコの隠れた危険 触れる子供さんがケガをされますと 遊具を管理されてる大人の責任です

イメージ
保育園のタイヤブランコ施工前
 タイヤの内回りが摩耗し穴が開いていました
一般の方は御存じないと思いますが
中にはワイヤーが入っています
手で取り出したところです
腐食し 先端がとがっていました
子供さんが触れて 

幸いにもケガをされなくてよかったです
チェーンのジョイント部 
丸管が摩耗し切断寸前でした  

私も小さい頃よくやったのですが

タイヤを回し遊ばれることで

ジョイント部 チェーンに不可かかかり

摩耗を早めています
園長先生とお話をしステンレスに
取り替えることになりました

 チェーンも各所摩耗し90%摩耗状態でした
切断寸前です切断すると大事故の恐れがあります

楽しい遊び場が恐怖の場所に変わります

こまめに点検をし不具合を見つけて対処することは大人の責任です

滑り台の取り替え実はステンレスの滑降部2箇所共ブロックの上に置いてあるだけで 傾いていました。

イメージ
施工前 先生方で点検は されていたみたいですが

今回修理で見てもらいたい場所があるとの事で

ご連絡をいただき見に行きました


一度プロの点検をしますと

お話したところ 心よく

受けいれていただきました
土に埋もれた部分が腐食して

、倒壊の危険がありそうなので

取り替えになりました。

支柱を切断したところです。

 踊り場の裏面も腐食し

子供さんの目などに入る恐れ

腐食部が地面に落ち子供さんがはだしで歩くと

ケガの恐れがありました

園長先生とお話をし取り替えになりました。
ステンレス滑り台以外はすべて

取替 今後腐食の事を考え

設置状況でことなりますが

100年腐食しない溶融亜鉛メッキ処理をしています

この処理方法をしている業者はあまりいません

(施工に手間がかかります)

長くメンテナンスフリーです 取替が出ません