タイヤブランコの隠れた危険 触れる子供さんがケガをされますと 遊具を管理されてる大人の責任です


 保育園のタイヤブランコ施工前

 タイヤの内回りが摩耗し穴が開いていました

一般の方は御存じないと思いますが

中にはワイヤーが入っています

手で取り出したところです

腐食し 先端がとがっていました

子供さんが触れて 

幸いにもケガをされなくてよかったです

チェーンのジョイント部 

丸管が摩耗し切断寸前でした  

私も小さい頃よくやったのですが

タイヤを回し遊ばれることで

ジョイント部 チェーンに不可かかかり

摩耗を早めています

園長先生とお話をしステンレスに

取り替えることになりました


 チェーンも各所摩耗し90%摩耗状態でした

切断寸前です切断すると大事故の恐れがあります

楽しい遊び場が恐怖の場所に変わります

こまめに点検をし不具合を見つけて対処することは大人の責任です


ステンレスチェーンに取替

タイヤとチェーン接合部は指の挟み込みがないように

加工しています 当社オリジナルです

タイヤも新設

取替完了です

スイングクリアランスを地上から300ミリで設定

従来のチェーンは子供さんの手に錆がついてたと思われます

新設はステンレスの為

腐食しにくい素材です

取替をしたあとは園長先生のお話では

子供さんの取り合いだそうです

コメント